年俸を抑える方法

年俸を抑える方法

契約交渉の基本は5年契約です。1年契約と5年契約とでは、15年間在籍したアカデミーから獲得した同選手を比較した場合、毎年1年契約の選手は合計15回の契約交渉、5年契約の選手の場合は、合計3回の契約交渉となり最終的に50億以上の差ができてしまいます。
契約最終年の選手は2軍や留学へ行かせることで、1年間試合に出場させずに複数年契約することで、年俸を大幅に抑えることができます。特にゲーム序盤は下記を参考に年俸を抑えることを心がけると 非常に効果的です。
またFA交渉も基本は5年契約です。また基本的に野手は年俸を下げやすいですが、投手は年俸を下げにくいです。

初期メンバーの年俸が4000万~1億を超える選手の場合
  1. 1年目は2軍で活躍させないで、年末に5年契約。(±5000万)
  2. 1年目は2軍で活躍させないで、年末に1年契約(-100万~7000万前後)して、2年目に留学へ行かせて、年末に5年契約。(現状維持~+5000万)
    「2」の場合は年齢が若い選手に限定される
初期メンバーの年俸が440万~4000万選手の場合
  1. 1年目は2軍で活躍させないで、年末に5年契約。(±5000万)
  2. 1年目は1軍でレギュラーではなく、控えで活躍させず年末に1年契約(±2000万)して、2年目は2軍で活躍させないで、年末に5年契約。(±2000万)
  3. 1年目は2軍で活躍させないで、年末に1年契約(-100万~7000万前後)して、2年目に留学へ行かせて、年末に5年契約。(現状維持~+5000万)
    「3」の場合は年齢が若い選手に限定される。は役割設定で1回表に守備交代させる条件などを設定する。
新人の場合
  1. 1年目は2軍で育成か留学へ行かせて、年末に5年契約。(現状維持~+500万前後)
  2. 1年目は2軍で育成、年末に1年契約。(現状維持か±300万前後)2年目に留学へ行かせ、年末に5年契約。(+100万~1000万)
    「1」は最初から能力が極めて高い選手。「2」は育成までに時間のかかる選手。
トレードで獲得した選手の場合
  1. 獲得後、2軍または留学へ行かせて活躍させないで、年末に5年契約。(±5000万)
  2. 獲得後、レギュラーとして1年使い、11月にトレードで放出する。(1年間無料で使えます)
    「2」の場合はさらにトレードで獲得した選手を、1年間無料で使うこともできます。

やきゅつく3攻略=プロ野球チームをつくろう!3攻略

裏技・小技

年俸を抑える方法